下痢の原因は様々です

下痢を引き起こす原因は様々ですが、2週間以内で治る急性の下痢と3週間以上続く慢性の下痢があります。病気のために下痢になってしまう場合もあります。ノロウイルスやクローン病などです。ノロウイルスは突然嘔吐や下痢が始まります。

軽症の場合は気持ちが悪い程度で終わることもありますが、重症だと脱水症状があらわれたり。けいれんを起こしてしまうこともあります。クローン病とは、小腸や大腸を中心とする消化管に炎症を起こしてびらんや潰瘍を生じる慢性の疾患です。

下痢のほかに腹痛、下血、体重減少、発熱などの症状があります。よく牛乳を飲むと下痢になってしまうということを聞きますが、これは乳糖不耐症といって身体の中で牛乳に含まれる乳糖をうまく分解できないために起こってしまう下痢です。

下痢になってしまったら薬を飲むと思います。ラッパのマークの正露丸が有名ですね。その他にも下痢の薬はたくさんあります。薬をうまく使いながら下痢の症状を改善していきましょう。

 

便秘を自然に治すために重要な医師のアドバイス

肥満になる原因として運動が不足したり、食べるものも偏りが見えることがあります。こういう生活は便秘も同じなために、肥満と同時に便秘になることもあるのです。便が出ない環境は身体にも良くないために、どのようにして便意を促進して出していくかが大切なことになります。

この時に便秘を解消させるためには、自力ではなくセンナなど便秘を解消するためのものを使うことが早く解決が出来る道であります。しかしこのようなものは自己判断で行うよりも医師などの指導の下行うようにすることが大切なのです。

便秘解消の薬などは出ない身体の状態のものを出すために、薬などない状態で出るのが難しいだけではなく、問題解消になっていないこともあります。そのために飲まないと出ないという悪循環になることもあるのです。そのために薬などを使用する際には、アドバイスを貰い、使い方や今後の体調管理なども含めて聞いておくことが大事です。

便秘を解消させるためには医師の指導が良く、自然と出るようにすることが大切になります。おすすめの腸内環境サプリなどもいいです。薬で無理やり出すのではなく腸本来の力で出すことが望ましいです。